052-339-0717

クラウド型グループウェアとは

”クラウド型 「グループウェア」パッケージ“ は世の中にたくさん存在します。

そもそもグループウェアで管理するデータは、利用する企業様単位で個別色が強い データとなっていると思われます。
しかしながら、一般的な「グループウェア」パッケージは、標準項目として幾つかの項目を準備はしているものの利用企業様単位/機能単位で、項目を追加するという機能は準備されていません。

Argus は、こんな利用企業様の声を反映させ、利用企業様が独自で、各機能/各フォルダ単位で管理したい項目を作成し、レイアウト上に追加する事ができますので、以下のような要望を実現する事ができます。
・ 「掲示板」で通達する発信文書に[タイトル]だけでなく[サブタイトル]を付けたい
・ 「文書管理」で管理する文書雛型に利用者の改善要望を反映し常に最新化したい
・ 利用者に発信する公文書は上席の承認済みの情報として発信したい
・ 経費精算結果を社内で管理している「プロジェクト」単位で集計したい
また、セールスフォース標準機能として利用可能な「レポート」機能と組み合わせて利用する事で、「標準項目」と「追加項目」を自由に抽出し集計したり、傾向分析したりすることも可能となります。